読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きなIT系パパの南の島日記。

バスケットはNBAはウォリアーズ、Bリーグは地元の琉球ゴールデンキングスを応援してます。IT企業に勤めながら二児の父親してます。日々感じたことや地元(沖縄)の紹介などなど綴っていきます。

NBAの過去のMVPと2016-17のMVP候補を比較してみる

今シーズン、J.ハーデンとR.ウェストブルックのMVP争いが話題ですね。

両選手ともトリプルダブルを量産しました。

2人が、同じシーズンに活躍していなければ

どちらも年間MVPにふさわしい活躍だと思います!

そうなるとやはり、どちらがMVPを受賞するのかが注目の的。

というこで、NBAで過去10年間ににMVPを受賞した選手達を比較してみます。

  • 2015-16 S.カリー(GSW/73-9 89.0/30.1/得点王/スティール王/3P成功数更新)
  • 2014-15 S.カリー(GSW/67-15 81.7/23.8/3Pコンテスト優勝)
  • 2013-14 K.デュラント(OKC/59-23 71.9/32.0/得点王)
  • 2012-13 L.ジェームズ(MIA/66-16 80.5/26.8)
  • 2011-12 L.ジェームズ(MIA/46-20 69.7/27.1)
  • 2010-11 D.ローズ(CHI/62-20 75.6/25.0)
  • 2009-10 L.ジェームズ(CLE/61-21 74.4/29.7)
  • 2008-09 L.ジェームズ(CLE/66-16 80.5/28.4)
  • 2007-08 K.ブライアント(LAL/57-25 69.5/28.3)
  • 2006-07 D.ノビツキー(DAL/67-15 81.7/24.6)

MVPの条件として、チームを勝利に導けるのか

それとも個人成績が素晴らしいのか

という議論が、今年のMVP候補を議論する時によく言われています。

過去10年の受賞選手を見てみると、確かにチーム成績が良いです。

2007-08シーズンのK.ブライアントが最も勝率が低くて69.5%。

また、得点王などの個人成績が良い選手が受賞している様子は無し。

ただし、直近の3年で振り返ると2015-16 / 2013-14の2シーズンは

共に得点王に輝いた選手が受賞している過去がありますが

どちらのシーズンもチーム勝率も素晴らしいので

個人成績を評価されて受賞されたとは言えないです。

 

そして、今シーズンのJ.ハーデンとR.ウェストブルックの成績。

J.ハーデン

  • HOU / 55-27 67.1
  • 平均 29.1点
  • 平均 8.1リバウンド
  • 平均 11.2アシスト ※アシスト王
  • FG成功率 44.0%
  • 3P成功率 34.7%
  • FT成功率 84.7%
  • 平均 5.7ターンオーバー

 

R.ウェストブルック

  • OKC / 47-35 57.3
  • 平均 31.6点 ※得点王
  • 平均 10.7リバウンド
  • 平均 10.4アシスト
  • FG成功率 42.5%
  • 3P成功率 34.3%
  • FT成功率 84.5%
  • 平均 5.4ターンオーバー
  • 史上2人目のシーズン平均トリプルダブル
  • シーズントリプルダブル達成回数を更新(42回)

 

ということで、両選手のどちらがMVPに輝いたとしても

過去10年間では、チーム勝率が最も低いMVP受賞者となりますね。

それでも、年間勝率が60%を切っているR.ウェストブルックの

受賞の方が難しいと思います。

J.ハーデンの方が自身のスタイルを生かす

攻撃主体の戦術を得意とするHCにロスターという

チーム環境は整っているので単純な個人成績を重視するなら

断然、R.ウェストブルックだと思うのですが…

今年のMVP受賞者はJ.ハーデンでしょうね。

f:id:SouthernThomas:20170419083531p:image