読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きなIT系パパの南の島日記。

バスケットはNBAはウォリアーズ、Bリーグは地元の琉球ゴールデンキングスを応援してます。IT企業に勤めながら二児の父親してます。日々感じたことや地元(沖縄)の紹介などなど綴っていきます。

ウォリアーズ、バランスのとれた攻撃でペリカンズをかわす(現地4/8)

www.nba.com

ケビン・デュラントは復帰戦で16得点、10リバウンド
2017.4.8投稿

f:id:SouthernThomas:20170410170414p:plain

 

K.デュラントは2月以来の出場、ウォリアーズはオラクルアリーナで
ペリカンズに勝利して14連勝を記録した。

ウォリアーズは3Qを圧倒して、今季リーグ最長の連勝記録を伸ばした。
左膝打撲傷でS.カリーは欠場して、2Qを2点差で終えたが
3Qに39-22とすると笑顔で過ごした。

ターンオーバは9つと抑えながらも、36アシスト、FG成功率51%とした
ウォリアーズはバランスよく試合を進めることができた。
K.トンプソンの20得点、I.クラーク、J.マクギー、A.イグダーラを筆頭に
安定のベンチ陣を含めた7選手が二桁得点を記録したが、主役はMr.デュラントだった。

オールスター常連のフォワードは、印象的な復活をした。
ウォリアーズ最初の攻撃で、K.デュラントはダンクを決めると
試合終了までに16得点、10リバウンド、6アシストと活躍して
コートに立っている間の+-では、31分の出場でゲームハイの+22を記録した。

K.デュラントがベンチで休んでいる間には、ベンチ陣がステップアップした。
A.イグダラは1Qに片足ジャンプショットのブザービーターを含めて
1Qに6得点(全15得点)を決めて、ウォリアーズに勢いを与えた。

A.イグダラは7/10本のシュートを決めたが、彼だけではなくベンチ陣が躍動した。
I.クラークは17得点を決め、J.マクギーは永遠に続くかのようにダンクを決め続け
8/10本のシュートを成功させ、16得点を記録した。

ウォリアーズのベンチ陣は、合計で58得点を記録したが
この日、S.カリーの欠場に伴ってスターターに起用された
S.リビングストンの素晴らしい活躍は、この58得点には含まれていない。
S.リビングストンは、7/10本のフィールドゴールを成功させた14得点に加えて
6アシストも記録してオールスターコンビのA.デービス & D.カズンズが欠場した
ペリカンズを引き離した。

この勝利で、ウォリアーズは66勝14敗とした。
そしてレギュラーシーズンは残り2試合となり、月曜にはジャズ戦を迎える。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いやはや、待ってましたのKD復活!

M.バーンズが負傷してしまったのが気になりますが

ひとまずKDを加えてプレイオフを戦えるのは心強い!

S.カリーの怪我は、そこまで重くないみたいだし

良い休養が取れたんじゃないですかね。

そろそろK.トンプソンの休養かな?

残り2試合もホーム開催なので、休養しづらかったり

するのかもしれませんが、大事なプレイオフに向けて

しっかりと戦力を整えて突入して欲しいです!