読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きなIT系パパの南の島日記。

バスケットはNBAはウォリアーズ、Bリーグは地元の琉球ゴールデンキングスを応援してます。IT企業に勤めながら二児の父親してます。日々感じたことや地元(沖縄)の紹介などなど綴っていきます。

琉球キングス、3/18(土)の三遠戦をスポナビライブで観戦したった。

Bリーグ Basketball 2016-17 RegularSeason 琉球ゴールデンキングス 沖縄

先日の記事でアップした通り

スポナビライブで無料観戦キャンペーン中です。

souththomas.hateblo.jp

久々にスポナビライブで観戦。

レイオフに進めるワイルドカードに望みをかける

キングスとしては、確実に連勝したい週末でした。

また、三遠は外国籍選手が1名の状態のため

キングスとしては、敗北した場合には

選手もファンも精神的なダメージが大きい…

色々と不安な一戦でしたが、テリー選手の活躍で辛勝!

各Qを振り返ってみます。

 

琉球ゴールデンキングス 70 vs 67 三遠ネオフェニックス

 1Q 20-15 / 2Q 16-16 / 3Q 13-15 / 4Q 21-21

 

【スターター】

琉球ゴールデンキングス

#14 岸本 隆一
#24 田代 直希
#31 喜多川 修平
#7 レイショーン・テリー
#34 ラモント・ハミルトン

 

三遠ネオフェニックス

#15 鈴木 達也

#11 岡田 慎吾

#73 田渡 修人

#5 オルー・アシャオル

#8 太田 敦也

 

[1Q 20-15]

スタートから、テリー選手が好調で1Qだけで3P3本を含む15点。

残りの5点は、田代選手の得点なので二人だけで20点。

オフェンスで他選手の活躍が欲しいけども

岸本選手も喜多川選手オープンなシュートを外して

三遠:鈴木選手にスティールされるなどターンオーバーを犯す。

三遠は、三遠:アシャオル選手を中心にインサイドを攻め

何本か得点を許すものの守備は機能して被害は最小限。

終盤に田代選手のイージーなミスで2度のターンオーバー。

キングスが5点リードを保つものの、嫌な流れで1Qが終了。

 

[2Q 16-16]

スタートから、岸本選手/マクヘンリー選手とシュートが外れ

オフェンスが停滞している感から、好調のテリー選手を投入。

この期待に応えて、テリー選手は2Qだけでも9得点。

また、いぶし銀の金城選手はスティールからの速攻や3Pと

玄人好みなプレイでチームを鼓舞する。

他選手の不調で、キングスの得点も動かないが

三遠の選手もオープンな3Pを外す等の不調で

2Qは、どちらのチームも流れを掴めずに終了。

 

[3Q 13-15]

3Qに入って、三遠が三遠:アシャオル/太田選手を中心に

ゴリゴリのインサイド中心のオフェンスにチェンジ。

それに伴って、インサイド人のファウルが増える。

オフェンスは、ようやく他選手のシュートも決まり始めたかと

思いきや、やはりシュートミスが多く得点は伸びない。

そんな中、渡辺選手がダブルドリブルと不用意なパスでターンオーバ

さらには0/2でフリースローを外した後に

ファウルを犯して、相手にフリースローを献上。

若気の至りか落ち着かないプレイもあり

少々、差を詰められてキングス3点リードで3Qを終了。

 

[4Q 21-21]

4Qに入っても、三遠はインサイド中心のオフェンス。

恐らく審判の笛が軽いことを見越してのインサイド攻め。

案の定、フリースローを与えることが多く失点が増える。

そんな中でも、マクヘンリー選手はブロックを決めるなど

得点以外の面で貢献、やはりトータルで強い。

オフェンスは、再びテリー選手の活躍で得点を重ねていく。

4Qで16得点を挙げてトータルでは42得点!!

残り2分、キングスの5点差リードでテリー選手が

ももを痙攣したような感じでベンチに下がった時はヒヤリ…

点差詰められ、3点リードした状態で3Pを打たせた時もヒヤリ…

このシュートは決まらず、そのままキングスの勝利!

 

[トータル]

三遠は、元NBAのチルドネス選手が怪我で離脱中

ドジャー選手は一時帰国で外国籍選手はアシャオル選手のみ。

通常であれば、余裕の点差で勝利しなければならない試合

オフェンスで不用意なターンオーバーは見られたものの

ボールはよく回って、インサイドを含めて相手ディフェンスを

振り切ってオープンな選手にシュートを打たせる等の流れは良いが

このシュートが、テリー選手以外はほとんど決まらないまま終了。

ディフェンスでは、アウトサイドのケアは十分で24秒バイオレーションを

獲得するシーンも見られたものの、インサイドの守備が弱く

インサイドを攻められるとファウルが重なって

終盤にフリースローでの失点が響いてくるので改善が必要ですね。

 

ともあれ、この勝利で西地区4位に浮上したので

このまま負けないことが重要です!!