読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きなIT系パパの南の島日記。

バスケットはNBAはウォリアーズ、Bリーグは地元の琉球ゴールデンキングスを応援してます。IT企業に勤めながら二児の父親してます。日々感じたことや地元(沖縄)の紹介などなど綴っていきます。

ウォリアーズ、現地3/11のスパーズ戦は主力を休ませて惨敗するもI.クラークは大活躍!!

ウォリアーズは、現地3/11のスパーズ戦で休養を与えるため

S.カリー、K.トンプソン、D.グリーン、A.イグダラが欠場。

スパーズの方も、K.レナードが脳震盪で欠場。

L.オルドリッジは不整脈で無期限離脱に伴う欠場。

T.パーカーは背中の痛みで欠場。

ということで、本来は離脱中のKDも含めると

オールスター5選手が出場する好カードのはずが…

オールスター選手が一人もいないという異常事態です!!

 

現地で観戦も出来ないウォリアーズファンとしては

前日のウルブス戦で、D.グリーンもテクニカル取られて

疑惑の笛も多く、通常の精神状態で試合に臨めるか不安だし

ましてや相手が強豪のスパーズであれば

余計にヒートアップしそうなので

主力の休養は良い判断かなと思うのですが

現地で観戦を予定していたファンからすると不満爆発でしょうね…

まぁ、試合は当初から勝敗を捨てていたウォリアーズが

1Qから差をつけられての完敗でしたが

I.クラークがキャリアハイの36得点を記録するなど好材料も有り。

この記録は、球団としてはJ.クロフォードが2014年に記録した

ベンチスタートで41点を記録して以来の30点超えらしいです!

I.クラークのプレイをハイライトで見ていると

昨季のS.カリーを見ているようです。

もう少し分かりやすく言うと好調な時のS.カリー。

豊富な運動量とチームメイトのスクリーンで

マークマンを引き離して、ワイドオープンなら3Pシュート。

まだマークマンが付いてきている

またはスイッチされて、スピードのミスマッチが起きているなら

ドライブしてレイアップかフローターで得点。

I.クラークのプレイを見て、S.カリーに良い刺激になると良いなぁ。

ハイライトがありました。

S.カリー含め4選手はしっかり休養できたかなぁ?!

ついに2位のスパーズとゲーム差が0.5!!

次戦からは、ホーム3連戦となるので

しっかりと3連勝して、復調して欲しいです!!

 

それにしても、スパーズは主力が3選手欠場しているにも関わらず

変わらずボール回しは綺麗で、ウォリアーズは振り回されて

フリーでシュートを打たれているシーンが多かったですね。