読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きなIT系パパの南の島日記。

バスケットはNBAはウォリアーズ、Bリーグは地元の琉球ゴールデンキングスを応援してます。IT企業に勤めながら二児の父親してます。日々感じたことや地元(沖縄)の紹介などなど綴っていきます。

クリッパーズのドック・リバースHCがあまり好きになれない理由を考えてみる。

はい、僕はクリッパーズのHCである

ドック・リバースHCがあまり好きではありません。

 

会ったこともない人

そしてNBAでもプレイ経験があり

セルティックスのHC時代にチャンピオンとなり

現在も、強豪チームのHCを務めている

偉大な方なのは存じ上げているのですが

好きになれないのです。

 

ちょっと経歴を(Wiki参照)

  • 米出身、1961/10/31生まれ(55歳)
  • 選手時代(1983 - 1996)ATL/ LAC/ NYC/ SAS
  • HC時代(2004 - 現在)ORL/ BOS/ LAC
  • 優勝経歴:2008 セルティックスHC
  • 受賞:2000 最優秀コーチ
  • 現在の役職:HC兼球団社長
  • オースティン・リバースの父親

 

そもそも、ドック・リバースHCのことを気にしだしたのは

クリッパーズオーナーが人種差別発言をして

オーナー職を追われた時のリーダーシップからでした。

www.nba.co.jp

その時は、素晴らしいHCだと素直に思いましたね。

あの混乱の中、さらにプレイオフの真っ只中で

選手をしっかりとまとめ上げたリーダーシップはすごい!

その手腕を買われて、翌シーズンから球団社長を兼任します。

そして、それから何かおかしなことに…

 

クリッパーズってすごく良いチームですよね。

最近は、怪我が目立ってきましたが

PGにCP3、PFにB.グリフィン、CにD.ジョーダン

オールスタープレイヤーがいて

SGにJJ.レディック

シックスマンにJ.クロフォード

それだけでも、かなり良いチーム。

レイオフにも2011-12シーズンから連続で進出中。

今季も序盤は、ウエスタンカンファレンス1位でした。

 

でもでも、何かおかしいと思い始めたのは

2015年1月にペリカンズから戦力外通告を受けた

息子オースティン・リバースを獲得したこと…

そして、リーグでの実績もあまり無かった息子を

CP3のバックアップとして起用する…

 

またD.ジョーダンがFAとなり、口頭でマブス移籍を

確約していたにも関わらず反故にした時

D.ジョーダンの家にHCや主要メンバーが駆けつけ

D.ジョーダンを説得したとかしてないとか

まぁ、駆けつけたのは事実らしいです。

その前に、HC兼球団社長として

事前にできることがあったんじゃないですかね。

 

2014-15シーズンにウォリアーズが優勝した際には

「ウォリアーズが優勝できたのは、プレイオフ

 自チームやスパーズと対戦しないで済んだからだ。」

とオフシーズンにイチャモンをつける。

2014-15シーズンのプレイオフクリッパーズ

1stラウンドでスパーズを4-3で下して

セミファイナルでロケッツに4-3で逆転されて敗退。

確かに、この時期はウォリアーズとも勝ったり負けたり

でもね、レギュラーシーズンの1位はウォリアーズだったんですよ!

色々と2014-15のウォリアーズ優勝に関しては

イチャモンつけられることが多いですが

ドック・リバースHCのイチャモンが一番無理な気がします。

 

その後も

息子オースティン・リバースと契約更新。

負ける試合は、大体レフェリーに悪態ついてる。

悪態つきすぎて親子共々退場処分を科せられること2回。

 

てな感じで、どんどん暴走してる気がしてならないんですよね。

気がつけば、ウォリアーズはクリッパーズ戦に9連勝。

もはや因縁のあるライバル関係ではなくなりましたね。

CP3のいぶし銀なゲームメイク。

B.グリフィンとD.ジョーダンの激しいダンク。

JJ.レディックの3P。

J.クロフォードの華麗なハンドリング。

どれもいつまでも続くものではないかなと…

HC交代しないかなぁー。